口座振替で契約できるポケットWiFiのプロバイダはどこ?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■口座振替を使えるプロバイダはどこがある?

・ ポケットWiFiの支払いに口座振替が利用できる所は?
・ 口座振替をする為に必要な書類は?

インターネット接続回線の1つ、ポケットWiFiではインターネット上からも契約を
することができるようになっています。

でもその場合には支払い方法の確定を素早くすることが出来るためにクレジットカードを
利用する事が多いようです。

実際にプロバイダによってはクレジットカードが必須という所もあります。
でもクレジットカードを利用したくない、という方もいると思います。

そんな人はポケットWiFiの契約をすることが出来ないのでしょうか?

ポケットWiFiのプロバイダによってはクレジットカード以外の方法で契約をする事が
出来るという所もあります。

そこで契約の時にクレジトカード以外の方法を現在でも利用できるプロバイダを
探してみました。

以前は請求書による申し込みもできたのですが、現在ではクレジットカード以外では
口座振替のみが利用できる方法となっています。

この口座振替に対応しているプロバイダを調べてみます。
口座振替申し込みの時に必要になるものも一緒に確認してみます。

■ワイモバイル回線で口座振替が出来るプロバイダは?

・ ワイモバイル、Yahoo! WiFiが口座振替の利用可能
・ 必要書類の提出は郵送で対応

まずハワイモバイル回線を使ったプロバイダで口座振替が利用できるところを
確認してみます。

ワイモバイルはもちろん、Yahoo! WiFiでも口座振替に対応していました。

ただしYahoo! WiFiの場合はYahoo! ウォレットでの支払いとなります。
その為にYahoo! ウォレットに対応している銀行口座のみ利用可能となります。

利用できるのはみずほ銀行、楽天銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行です。
こちらの銀行に口座を持っていることが必要になります。

ワイモバイルの場合は都市銀行と地方銀行、信用金庫にネット銀行などほとんどの
銀行が対応しています。

それとクレジットカードとは違い口座振替の場合は書類の提出が必要になります。
店頭で申し込みをする場合には口座番号がわかるものとはんこが必要です。

ネット上から申し込みをした場合にはまず郵送で口座振替申込書類が届きます。
それに記入して返送すると申し込みの受付となります。

書類に不備がない場合でも口座振替の手続が完了するまでは2週間近くの時間が必要。
その間は月額利用料の支払いに請求書が利用されます。

一応どちらのプロバイダでも口座振替が利用できるので安心して申し込みができます。

■WiMAX2+回線を提供しているプロバイダで口座振替が出来る所は?

・ WiMAX2+回線は提供しているプロバイダがとても多い
・ 口座振替を行っているのはごく一部のプロバイダのみ

今度はWiMAX2+回線を提供しているプロバイダの場合を確認してみます。
WiMAX2+回線は多くのプロバイダからサービスの提供が行われています。

でもその中で口座振替をしているプロバイダはかなり限られてしまいます。
クレジットカードが必須というプロバイダが多いのが特徴的です。

口座振替に対応しているのは回線提供をしているUQコミュニケーションズが
行っているプロバイダのUQ WiMAXです。

この他ではBIGLOBE、Broad WiMAX、@niftyが口座振替での申し込みに
対応していました。

ただしBroad WiMAXの場合は選んだプランによっては口座振替が利用できず
クレジットカードが必須になります。

他のプロバイダではどのプランを選んでも口座振替の利用が可能です。

インターネット上からの申し込みでも口座振替の申請はできますが必要書類を
郵送で提出します。

その為に支払い方法の確定まで時間がかかり、モバイルWi-Fiルーターの端末発送まで
時間が必要になる可能性もあります。

UQ WiMAXでは先に端末発送をして支払い方法確定までの期間は請求書による支払いを
することができるようになっています。

WiMAX2+でも数はかなり限定されますが口座振替での申し込みが出来ました。

■ポケットWiFiの申し込みは口座振替でも大丈夫

・ 店頭申込をする場合にはキャッシュカード、お届印が必要
・ オンライン申し込みでも書類の郵送が必要

ポケットWiFiの申し込みでも口座振替を利用する事ができるようになっていました。
回線もプロバイダも選ぶことができるようになっています。

ワイモバイルの場合はショップからの申し込みも可能ですが、ショップで口座振替を
申し込む時には口座番号がわかる通帳かキャッシュカードとはんこが必要です。

インターネット上からのオンライン申し込みの場合は口座振替申込書のような
口座振替専用の書類が必要です。

申し込みの時に登録した住所に郵送されるので記入して返送をします。
その為にオンライン申し込みのメリットのすぐに利用できるという利点がなくなります。

WiMAX2+回線のほうが対応しているプロバイダも多く、キャンペーンの利用ができるので
おすすめできると思います。

ただしキャンペーンの期間が申し込みの時点なのか、契約が成立してからなのかで
適応されるかが変わるというデメリットもあります。

口座振替の場合は郵送の時間と口座状況の確認などでどうしても時間がかかります。
キャンペーンの終了期限が迫っている時には適応条件を確認しておきましょう。

コメント