他のキャリアや回線に乗り換えるとき、ポケットWiFiの注意点は何?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ポケットWiFiを乗り換える時の注意点とは?

・ スマホと同じように違約金が発生する?
・ 違約金を払わずに乗り換えをする方法は?

スマホの場合は乗り換えをする時に契約期間内だと違約金が発生します。
キャンペーンを利用している場合は同じキャリアでもプラン変更で料金がかかることも。

かなり複雑な契約となっているために完全に把握するのが難しい状況でもあります。

ではポケットWiFiを乗り換える時にはどうなるのでしょうか?
スマホと同じように契約期間による違約金なども必要になるのでしょうか。

ポケットWiFiもスマホと同じように屋外でインターネット接続が出来る様になる
モバイル通信の回線の1つです。

このポケットWiFiのキャリアやプロバイダを乗り換える時にも注意することが
あるのかを確認してみました。

まずはポケットWiFiの契約内容について調べてみます。

■ポケットWiFiの乗り換えには違約金が必要?

・ プロバイダによって契約内容が変わる
・ 多くの場合は複数年契約で途中解約なら違約金が発生

ポケットWiFiもスマホと同じように契約しての利用となります。
当然契約内容には解約の場合の取り決めもされています。

キャリアやプロバイダによって変わりますが、ほとんどのポケットWiFiでは
複数年契約で利用料金の割引がされています。

更にモバイルWiFiルーター端末の0円購入ができるところでは分割料金の
割引をしているので契約期間途中での解約をすると端末料金の支払いもあります。

つまりほとんどスマホと同じように違約金などの金額が発生する。
ということになります。

契約期間終了時に更新期間があり、この期間ないなら乗り換えなどで解約をしても
違約金が発生しないというのもスマホと一緒です。

乗り換えや途中解約に関してはスマホと同じように考えて問題は無いようです。

ただし乗り換えをする理由についてはスマホよりもポケットWiFiのほうが
かなり切実、という印象を受けました。

ポケットWiFiを乗り換える理由について調べてみました。

■ポケットWiFiを乗り換える理由はどんなもの?

・ 回線速度が遅くなって使いにくい
・ 引越しをしたら対応エリア外、または接続ができなくなった

ポケットWiFiを乗り換える人にその理由を聞いてみるとスマホのようにキャンペーンの
利用という理由はかなり少なく、困っているからという回答が多くあります。

乗り換えの理由の多くが回線状況に関するトラブル、または不満があるからでした。

特にワイモバイル回線を使っているユーザーは地域によってはかなり深刻でした。
それは回線の優先順位が変わったためです。

イーモバイルの親会社がソフトバンクになり企業名もワイモバイルに変わりました。
この後に販売されたモバイルWiFiルーターでは回線の優先順位が今までとは違います。

今まで使っていたルーターはまずイーモバイルの回線をメイン、ソフトバンク回線を
サブ回線として使えました。

つまりまずイーモバイル回線を探して、状況が悪い時にはソフトバンク回線を使います。

ワイモバイルとして販売されたルーターの場合はまずソフトバンク回線をキャッチします。
回線が捕まらない時にイーモバイル回線を探します。

つまり今まで利用できていた地域で回線状況が悪くなる可能性があります。
当然ソフトバンク回線のほうが快適になる可能性もあります。

同じように引越しをしたら今まで使っていたポケットWiFiがエリア外になって
ネットへの接続ができなくなったという方もいました。

ポケットWiFiの場合は環境が変わって接続が安定しなくなると通信速度も遅くなり
かなり不便になってしまいます。

それを改善するために乗り換えを考える方も多くいるようです。

■お得に乗り換えをするためには?

・ 違約金がかからない期間まで我慢する
・ キャンペーンを利用して違約金を相殺する

途中解約をすると違約金が発生してしまうのでそれを回避するためにはやはり
契約満期まで使い続けることが必要になります。

乗り換えができるタイミングはキャリアによって変わりますので、事前にきちんと
確認をしておくようにしましょう。

契約満期まで使うのが難しい場合にはキャンペーンを利用して乗り換えの時の
違約金を少しでも軽減できるようにするという方法もあります。

以前にNTTで行っていたキャンペーンではポケットWiFiから固定回線に乗り換えると
違約金2万円までならNTTが負担するというものがありました。

同じようにポケットWiFiサービスを提供しているプロバイダの中にはキャンペーンで
現金キャッシュバックをしている所があります。

キャッシュバック金額によっては違約金の支払いが十分に出来る金額となっています。

特にWiMAX2+回線を提供しているプロバイダには現金キャッシュバックをしている
ところが多くあります。

乗り換え先にはWiMAX2+提供のプロバイダがおすすめです。

コメント